前へ
次へ

大学入試当日の行動を想像しておこう

大学入試当日というのは、緊張をするものです。
また、あまり知らないような道筋を通って受験にむかうという事もあり得ます。
当日緊張しているうえに、はじめての道というのは、時間も読めなかったりしてドキドキが最高潮という事にもなりかねません。
そうなると、その緊張感がずっと試験時間中に続いてしまい、本番で自分の力が出し切れなかったという事もあり得ます。
そういったことにならないように、大学入試当日の行動については、事前にリハーサルをしておくという事も大事ではないでしょうか。
リハーサルと言っても、難しいことは何もありません。
自分の家、もしくは前日に宿泊した場所から、当日同じ時間に電車やバスを利用して試験会場まで出かけるというだけです。
これをしておくと、どのぐらいで会場まで着けるのか、電車などの混雑具合はどのぐらいなのか、その時間にバスはしっかりとくるのかなどを確認することができ、安心感が高まります。
また、緊張のあまり当日入試会場に着く前にお手洗いに行きたいという事も想定すると、コンビニがどこら辺にあるのかなどを知るチャンスにもなります。
当日ベストな状態で会場入りをするには、事前のリサーチは非常に重要なポイントとなります。
また、雪などで天候が荒れ模様の時には、電車やバスなど、予定していた路線以外でのどのような交通手段が利用できるのか、複数考えておくという事も良いでしょう。

Page Top