前へ
次へ

大学入試は意外にお金がかかるという事実

大学でお金がかかると言えば、学費や通学費、場合によっては一人暮らしの生活費をイメージする人が多いでしょう。
でもその前に、大学入試自体にもそれなりのお金がかかることを忘れてはいけません。
大学入試費用は意外とかかるもので、センター試験の受験料は3教科以上の受験で18000円かかります。
2教科以下なら12000円ですが、そうそう安い金額ではありません。
国公立大学の場合、2次試験の費用はほとんどの大学で17000円となっています。
これに対して私立大学の一般方式では、各校マチマチながらも平均的に35000円程度となっています。
多くの人が実施するように、国公立大学2校と私立大学2校を受験したとすれば、受験費用だけで約12万円もの出費です。
これに交通費や宿泊費がかかるとなると、かなり厳しい負担になることは否めません。
晴れて入学となれば、入学金、年間授業料、施設設備費や、学部によっては実験実習費などが発生します。
任意徴収ではありながら、後援会費や学会費、保険料などの費用徴収がある場合もあり、かなり頭と財布が痛むのは事実でしょう。
国立大学が法人化後、国が定める標準額に沿って各大学が入学金や授業料を独自に決められるようになりました。
これに伴い、東京芸術大学や東京工業大学は2019年度入学生から授業料の値上げを決めていますし、なかなか厳しい環境になっていると言えます。

Page Top