前へ
次へ

ハードルを下げた大学入試

大学入試の勉強中に行き詰まった場合には、まず勉強のハードルを下げるようにすることが最適です。
勉強のハードルを下げるというのは、難しい事柄ばかりに目を向けるのではなく、簡単な問題に取り組むようにすることが大事です。
要するに基本をもう一度やっていくという形になるため、一つ一つの問題が的確に答えられるようになっていきます。
この勉強のハードルを下げることによって基礎をもう一度学ぶことができ、応用編にまで答えを導き出すことができるようになっていきます。
これらのやり方を繰り返しているだけで地盤となる下地が出来上がってきますので、勉強を幅広くトライすることが可能です。
大学入試には様々な問題が取り上げられるので、基礎をやっておくだけで一つの事柄から複数のやり方を導き出すこともできるのがメリットになります。
参考書などを使う場合にもハードルの低い参考書を使って、繰り返し基礎を学んでいくことも大学入試には近道になります。

Page Top