前へ
次へ

変わりゆく大学入試について

大学入試もかなり様変わりをしました。
特に、2020年はセンター試験が廃止されて新しい試験方式が導入されることから、受験生の方も不安を感じている方も多いかもしれません。
これは、共通の大学入試に限ったことではなく、国立大学の二次試験でも変化が起きています。
特に顕著なのが英語の試験です。
すでに英語はできて当たり前という世界に突入しているため、外部試験を積極的に活用しようという動きが見られています。
TOEFLは欧米の大学に進学する時の英語力の目安となる試験です。
これを日本の大学にも導入しようとしているのです。
高得点を取ることができれば、大学入試における英語の試験を免除するというのも、新しい取り組みの一つであると考えられています。
そのため、英語が得意な受験生にとっては圧倒的に有利であるということがわかります。
高校生のうちに英語にみっちりと取り組んでおけば、大学入試を有利に迎えることができるようになりました。

Page Top